板金塗装

愛車をぶつけてしまったらどこで直してもらえば良いのだろう?

img
  • 車を購入した新車ディーラー?!
  • 近くの板金屋さん?!

車を購入した新車ディーラー

値段は高いけど安心して任せられます。
しかし、その新車ディーラーで車を購入していないと何となく入りにくいし・・・
特に輸入車に至っては
例えば中古車でベンツを購入して有名なベンツのディーラーに入れますか?
敷居が高いし入りにくいですよね?
そしていくらの見積りが出るのか心配だと思います。
値段は高いけど修理で一番安心できるのは間違いなく新車ディーラーだと思います。

町の板金屋さんはどうでしょうか?

  • 店に入りにくいし出てきた人がぶっきらぼうのイメージ
  • お客さんの言うことを聞かない
  • ホームページでは安いこと書いてあるけど実際は?
  • 一番重要なのは技術力がどうか?
  • 保険修理だとニコニコする。
など、不安材料は沢山で良いイメージはありません
もし上に書いたようなお店なら、そして安さだけをうたっているお店に限って技術力は・・・
ホームページで安いことだけ書いたって素人のお客様相手では金額はどうにでもなってしまいます。
挙句の果てに数年たつと塗装がひび割れたり水漏れしてきたりなど

当店もそのような部類に入らないように、どなたでも安心してご来店いただけるように日々取り組んでおります。
まずはお電話いただくかご来店いただいて店の雰囲気やスタッフの対応、そして料金をご自分でお確かめになってください。
板金塗装は技術力で大きな差が出るサービスです。どこで修理しようかと考えたら!
迷わず、信頼と安心そして適正価格の「くるまや工房」で決まりです!

板金塗装とは

自動車の板金塗装とは、事故などにより、自動車の外装に損傷があった際に「板金」と「塗装」の2つの工程で修復修理を行う事です。
凹みの補修は、まずハンマーと当てがねを使いある程度形を整えます。
大きな事故などで損傷が大きな場合は切断したり溶接したり引っ張ったりと色々な道具と知識を使いある程度の形まで修復します。
最終的にパテを使って綺麗な面に整えます。
塗装は大きく分けて下記の工程で行います
下地処理⇒マスキング⇒下地塗装(サフェーサーなど)⇒磨き⇒塗料の調合⇒本塗り⇒クリア⇒磨き
塗装工程で最も重要なのは下地処理です。
これを怠ると、仕上がった状態では分かりませんが年月が経つと塗装の浮きや剥がれと言った不具合が発生します。

事故にあってしまった場合

ご自身の安全確保が第一です。

車よりもご自身の安全確保を最優先してください。

けが人を救護(119番)

落ち着いて現場の住所・事故状況・けが人の状況を伝えてください。

警察に連絡(110番)

大きい小さいにかかわらず警察を呼ぶことをお勧めいたします。

現場の保存

警察が来るまでの間、事故の状況を保存しておいたほうが良いでしょう。(交通の妨げになる場合、動かせる状態であれば路肩などに寄せてください。)
現場の保存は、証拠を残しておくという意味のほかに、二次、三次災害を防ぐという観点からも必要なことです。
カメラをお持ちであれば現場の状況を撮影しておいてください。

お互いに情報交換 事故の相手から必ず

名前、住所、連絡先、保険会社、車のナンバーなどの情報をもらいましょう

くるまや工房までお電話ください

0475-58-1020(土日祝日も営業)
保険会社とのやり取りからレッカーの手配、レンタカーの手配等、煩わしい手続き全てを当社が行いますのでお客様のご負担を最小限に軽減いたします。